奥村愛ヴァイオリンリサイタル

奥村愛ヴァイオリンリサイタル

チケット好評発売中! 
 
 
(公財)津山文化振興財団設立25周年事業
 
        奥村愛ヴァイオリンリサイタル
 
 
                        

           クラシック界の人気ヴァイオリニスト 奥村愛さんがピアニストの加藤昌則さんと、

      ヴァイオリンの美しい響きと親しみやすいトークで新鮮な感動と喜びに満ちたコンサートをお届します!            

 

                     

            奥村 愛(おくむら あい)         加藤 昌則(かとう まさのり)    

     

             7歳までアムステルダムに在住。                               作曲家・ピアニスト。東京藝術大学

           桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースで学ぶ。   作曲家首席卒業、同大学大学院卒業。作品は

         日本音楽コンクール第2位、他受賞多数。国内外の    オペラ、管弦楽、声楽、合唱曲など幅広く、作

            多数のオーケストラと共演を重ねている。最新CD    品に新しい息吹を吹き込む創意あふれる編曲に

           は2013年発売の「With a Smile~微笑みをそえて」   も定評があり、多くのソリストに楽曲提供、共

           (エイベックス・クラシクス)。親しみやすいプロ     演ピアニストとしても評価が高い。独自の視点、

          グラミングと自然体なトークによるリサイタルが大    切り口で企画する公演や講座等のプロデュース

          好評を得ている。一児の母としての経験を生かし、    力にも注目を集めている。12年オペラ「白虎」

          自らのプロデュースによる親子向け公演を数多く手    (第11回佐川吉男音楽賞)、15年「地球を包む

          掛けている。桐朋学園芸術短大非常勤講師。佐藤製薬    歌声」(NHK全国学校音楽コンクール小学校の)

          のトータルスキンケアブランド「エクセルーラ」の    部課題曲)など、いわゆる「現代音楽」とは異な

          イメージキャラクターをつとめている。        る視点で書かれた、美しく斬新な抒情性に満ちた

                                作品は、多くの愛好者を持つ。2016年4月よりN

                                       HKFM新番組「鍵盤のつばさ」のパーソナリティー

                                を担当。            

    ▶奥村愛 公式HP http://aiokumura.jp/                       ▶加藤昌則 公式HP http://masanori-music.com

               公式fb http://facebook.com/aiokumuraofficial            公式fb http://facebook.com/masanorikato02/

 

 

2016年3月20日(月・祝)
 
時    間
 
13:30開場、14:00開演
 
 
会    場
 
音楽文化ホール・ベルフォーレ津山(津山市新魚町17 アルネ・津山7階)
 
   
料     金   
 
一   般   2,000円
大学生以下     500円
会   員   1,500円 
▶友の会会員チケット販売についてはコチラ>>>
 
※全席自由 ※未就学児入場不可
 
 
出    演
 
奥村 愛(ヴァイオリン)
加藤昌則(ピアノ)
 
 
プログラム  
 
☆エルガー:愛の挨拶
☆フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番 イ長調 作品13
☆貴志康一:竹取物語
☆ヴィエニャフスキー:スケルツォ・タランテラ
☆ヴィエニャフスキー:グノーの「ファウスト」による華麗なる幻想曲 作品20
 
 
プレイガイド

津山文化センター、ベルフォーレ津山、ヨシダミュージック、平和堂楽器、ピアノ工房アムズ、

津山市加茂町文化センタ、津山市勝北文化センター、久世エスパスセンター

 

 

主 催/問い合わせ
(公財)津山文化振興財団設立25周年記念事業実行委員会
〒708-0022 津山市山下68 津山文化センター
電  話:0868-24-0201  FAX:0868-24-1199
 
 

 

TOP PAGEへこのページの先頭へ