津山ジュニアオーケストラ

津山ジュニアオーケストラ

 

 

 
         ~津山ジュニアオーケストラ~

          津山市は、津山市民総合音楽祭や津山国際総合音楽祭をはじめ、ブラスバンド、ジャズバンド、

        幼児音楽などさまざまなジャンルの音楽活動が盛んな街です。

        平成28年4月に津山文化センターを拠点に活動する「津山ジュニアオーケストラ」が誕生しました。

                       平成29年11月に第10回津山国際総合音楽祭で初演コンサートを開催しました。

        そして、平成31年3月30日には、第1回定期演奏会を開催いたします。

        現在、2期生団員を募集しています。見学をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。

        

            
 
   
  第1回定期演奏会 客演指揮者
ギオルギ・バブアゼ(George Babuadze)
 
~プロフィール~
ジョージア(旧グルジア)のトビリシ出身。国立トビリシ音楽院でヴァイオリンをシウカシュヴィリ教授に師事。また在学中よりモスクワでボロディン弦楽四重奏団のベルリンスキー氏に弦楽四重奏を学ぶ。卒業後は研究科を経て大学院に進み、指揮法をディミトリアディ氏に師事。同時に1988年より2年間バトゥミ市交響楽団の指揮者を務める。1990~93年ジョージア音楽協会室内管弦楽団の芸術監督および首席指揮者を務める。1993年にイタリアへ渡り、ジョージア弦楽四重奏団のメンバーとして活躍。1996年に大阪シンフォニカー交響楽団のコンサートマスターとして来日。2001年より関西フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任。2005年より関西シティフィルハーモニー交響楽団の常任指揮者に就任。2006年にはジョージア国立歌劇場の客演指揮者に就任。2010年よりジョージア国立交響楽団、ジョージアン・シンフォニエッタ室内オーケストラ、トビリシ音楽院交響楽団の首席指揮者に就任。現在、指揮者、及びヴァイオリン奏者としてリサイタル、室内楽の分野で演奏活動を行う傍ら、京都市立芸術大学でヴァイオリン専攻非常勤講師、神戸大学や京都大学の学生オーケストラのトレーナーとして後進の指導にあたっている。
 
 
 
練 習 日 時 
原則として月2回(火曜日)
19:00~21:00
 
 
練 習 会 場
津山市勤労者総合福祉センター(津山市勝部20-7)、その他
※現在、津山文化センターは改修工事のため使用できません。
 練習会場については、ご確認ください。
 
団   費
月1,000円、年会費5,000円(1人につき)、その他別途必要経費
 
 
楽器ご寄付のお願い
現在、子どもたちが使用する楽器が不足しています。
もし皆さま方のご家庭で眠っている楽器がありましたら、
是非ご寄付をお願いできれば幸いです。ご寄付についての詳細は こちら>>>
 
 
 

【お問合せ】

〒708-0804 岡山県津山市勝部20-7 津山勤労者総合福祉センター内(視聴覚室)
(公財)津山文化振興財団内
℡0868-24-0201 Fax0868-24-1199
E-mail:bunka-c@t-arts.or.jp
 

 

     
 

 

TOP PAGEへこのページの先頭へ